■戻る■ 2ちゃんねる ニュース速報+に戻る 元のスレッド 全部 1- 101- 最新50  

【歴史】「軍事知識以外ノ知識ノ著シク低級」硫黄島の栗林忠道旧陸軍大将の論文発掘 軍の旧態鋭く批判

1 名前:帰社倶楽部φ ★:2009/05/19(火) 17:39:41 ID:???0
映画「硫黄島からの手紙」などで知られる旧日本陸軍の栗林忠道大将が、中尉だった1919(大正8)年に
発表した軍の旧態を批判する論文を、出身地・長野市の「人間・栗林忠道と今井武夫を顕彰する会」(井上昭英会長)
が発掘した。同会は「軍でタブー視されていた体質を批判する勇気ある内容で、栗林の面目躍如たるものがある」
としている。

栗林大将は1891(明治24)年、西条村(現長野市松代町)生まれ。長野中学校(現長野高校)卒業後、
陸軍士官学校に進んだ。1944(昭和19)年、中将で硫黄島守備隊総司令官に着任。米軍上陸後、大将に昇進し、
最後の総攻撃で戦死した。

論文は「吾人(ごじん)ノ軍事知識以外ノ知識ノ著シク低級ナルハ争フベカラズ」と題し、陸軍将校の
親睦(しんぼく)会の機関誌「偕行(かいこう)社記事」に寄稿。当時の将校が軍事以外の知識は不要としていた
ことを批判し、部下を心服させるためには民主主義や一般常識も広く学ぶべきだと訴えている。

顕彰する会は、栗林大将とともに、中国との和平工作に尽力した同窓の今井武夫少将の功績を広めようと、
長野高校OBを中心に今年3月発足。今月8日に開いた勉強会で、会員の川上昭三さん(81)が知人から
譲り受けた資料の中から、論文の2次資料を発見した。

同会は24日、2人の肉親を招いた集会を長野市民会館で開く。長野高校管弦楽班による演奏もある。入場無料。
問い合わせは、同会事務局へ。

[中日新聞]2009年5月19日
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20090519/CK2009051902000022.html

栗林忠道大将
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20090519/images/PK2009051902100118_size0.jpg

2 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:40:06 ID:HtvEXwOZ0
ただしソースは中日

3 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:40:15 ID:Q463a/6r0


4 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:41:06 ID:gIoSjG/h0
軍事知識といっても情報戦略の分野は著しく低級だったが

5 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:42:25 ID:bn8nUmkQ0
今でいうネトウヨのことか

6 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:43:53 ID:qF9CtGSR0
「余は庶子の先頭にあり」。
映画や本でこの言葉に触れるたびに、涙が出そうになる。

7 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:44:08 ID:CmD2ihF60
>>4
情報収集自体は酷くなかったと思うが
ただ判断する人に変なのが多かったと

海賊対応問題を見ても、今もあんまり変わらないかも
海自も海保も「海保だけじゃ無理。護衛艦に保安官のせるのがベター」としているのに、
「しきしまでいけ」「海保だけでやれ」って政治家は多いからな

8 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:44:09 ID:C293sCuC0
ばかな連中が、飛び出して、戦争したんだが、それをようとめなかったんだから、な。

9 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:44:35 ID:dKBUCUfR0
栗林大将は草葉の陰で泣いてるよ。

いまだにダボガミみたいな奴が最近まで大将だったりするんだもん。それも先進的なはずの空軍。

10 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:45:31 ID:eT5fXubL0
狭い狭ーい軍事知識しか無かったんね(´・ω・`)

11 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:46:00 ID:OZ1DT3+g0
戦争とは
老人が始めて若者が死ぬ行為のこと

12 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:46:09 ID:qF9CtGSR0
>>6
あ、「常に」という言葉が抜けたわww

13 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:46:11 ID:zxLAEWQg0
その肝心の軍事知識も怪しかったわけだがw
種々の会戦から戦訓を得て、闘い方を変えるようなこともできなかったし

14 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:46:46 ID:5d8B/2If0
ネトウヨ憤死wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

15 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:47:45 ID:IIib1vyv0
軍人の体質を批判したんであって
政治家を争点に批判した論文ではないように読めるが

16 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:47:49 ID:7uabaA5o0
エリートだった昔の軍人さえ、この通り。行くとこ無いから入ってる、今の防衛省/自衛隊は・・。

17 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:48:02 ID:qJK7hW6f0
今でいうミリヲタのことか


18 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:48:22 ID:2Es+a7o70
この資料は捏造されたもの。
栗林大将の名誉を著しく傷つけるもので、許しがたい。
抗議のデモを開催する。

でいわゆるウヨの中では無事解決。

19 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:48:22 ID:9oe0x8nX0
この人は部下思いの人だったっけ、結構好きな人だ。

20 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:49:49 ID:bAhxWkyo0
当時軍部を批判するなんて出来ない反面、ストレスはたまって至ろうな
当時は日本人同士でイジメあっていたような印象だ

21 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:50:29 ID:qJK7hW6f0
>>15
誰に言ってるの?

22 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:52:44 ID:dKBUCUfR0
>>20
今でもそうでしょ。
軍だけじゃなくて、民間でもね。

23 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:52:49 ID:41BbfOd50
なにがネトウヨだばかたれ。

24 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:53:44 ID:0gmQicnqO
今の日本人の大半は軍事知識「すら」、知識ノ著シク低級だがな。
ピースボートを筆頭とする護憲派ども。



25 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:54:56 ID:dKBUCUfR0
>>23
わかんない?君みたいな人のこと。

26 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:55:21 ID:49i5E7gx0
まあしかし、アジア圏では唯一、戦略戦を遂行したのが日本だったわけだ。
ベトナムが防衛戦を戦い抜いた以外、他は内戦と国境紛争ぐらいなもんだろ。
経済復興の速度といい、先進国の素地は昔からあるんだよw

27 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:57:16 ID:iCv8+GAS0
すぐにチョンだというネトウヨと変わらないな
ネトウヨとか言ってるバカはw

28 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:57:58 ID:pQyjCMCLO
ネトウヨというよりゆとり教育感覚だろ

29 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:58:41 ID:qGKyEYZ/0
旧制中学→陸士は幼年学校→陸士よりも低く見られていた。


30 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:59:06 ID:eYcF4CCW0
ああ・・・こうゆう軍人さんが日本には必要

31 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:59:54 ID:k4K7vr0i0
この論文は大正デモクラシーという時代を反映しているね。


32 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 17:59:59 ID:P4kaQAVyO
ネトウヨと訳の分からん言葉を使ってる馬鹿左翼は日本にいらないな

33 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:00:28 ID:BXJO/aP4O
玉砕至上主義はキチガイ
自爆した日本兵たちのカラー写真を見てもあれを強要した本土の首脳陣がのうのうと生きていた事自体信じられない。
国を守ると言う観点では拠点を死守しようとするのは理解は出来る
敵が爆撃の基地にしようとしているならなおさら
当時フレキシブルな対応が出来なかった事実や人命軽視を美化してまで肯定して欲しくない

国を守るために命をかけた人と地位欲名誉欲や狂信的政治信条でそれを強要した人を同列に語って欲しくない
糞左翼に彼ら全員をいっしょくたに否定されると腹が立つが、
狂信者に盲目的に従う事が社会秩序だと主張されたら彼らはお前等の自分勝手な論理の為に死んだ訳じゃないと言ってやりたい

34 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:00:53 ID:ir/kKbXv0
政治や司法をみれば分かるように
日本人は近代人として主体化されていない。
そういう意味では、日本は未だに「戦前」でしょ。

60年前のこの陸軍大将とやらの批判が今でも通用する(笑

35 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:01:36 ID:AUw5K9J9O
栗林大将>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>田母神(笑)

36 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:02:05 ID:XwEISnXx0
>>12
そもそも庶子がちがうだろ

37 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:03:05 ID:GEJtY9tG0
戦前の軍人・右翼と現代のサヨクは非常に似ている。

自己中心的で視野が狭い。
さらにダブルスタンダード

まあ、栗林さんや他に何人もマトモな軍人もいるけど・・・

彼が言ってることは『専門知識だけのバカにはなるなっ!』って事。

なぜ、ネトウヨがどうこうって書き込みがあるのか理解に苦しむ。
ネトウヨ(と、サヨが思っている人々)に敵対する人たちは、読解力が無いのか?

38 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:03:30 ID:nsgv94pU0
軍事知識の中に戦略、その他もろもろの知識があるんだが?????

バカじゃないの? そもそも戦争には軍事知識以外に必要ないぞ



39 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:03:32 ID:NsWH+LVp0
>>33
問題はその性質の奴が今でも諸手を振っていることだろうな

兵器をなくせば戦争がおきないといって、他人の命を屁とも思ってない屑が多すぎる。
中身がまったく同じだ

40 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:06:13 ID:Gg5oxoPY0
軍事官僚も現在の官僚も融通の効かないアホ。

41 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:06:26 ID:cmzjTC0d0
栗林って中将でしょ?

42 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:06:41 ID:esWSlxhk0

むしろ日本と日本軍が反省するべきなのは

侵略がどうこうというより

軍の体質や作戦のずんさんさ外交戦略の問題点だろうな

もちろん欧米諸国の日本潰しの包囲網のなかで

圧倒的に不利な状況で戦わなければならなかったことには

同情するが・・・

43 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:07:53 ID:iYjTBNdG0
あの当時の日本人の真の敵は戦争開始を強行したり、
無様な作戦で人材を無駄死にさせた指導者たちである。
アメリカの白人とロシア人がナチスと同類の残酷さを
持っていたことさえ理解できなかったとは。
今の国会議員に、命がけで日本人を守る決意と能力の
ある者が何人いるのか。考えるとゾッとする。

44 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:09:06 ID:CmD2ihF60
>>38
んなことはない
というかお前が軍事知識に何を含めているか知らないけど
パっと思いつくところで言うと…

第一に経済的知識が要る
戦略物資の調達とその為の資金捻出やら、自国の国力を踏まえた継戦能力などを判断しないと
もちろん一介の兵卒や戦術指揮官は要らないだろうが、
自衛隊で言う指揮幕僚課程や高級幹部課程に行く人には必要だろうな

あと文化的知識も要る
脅威となる存在がどういう原理原則で動いているか、どういう社会や組織を作っているか
それを維持しているものは何ぞやとか、どのような体質を有しているかなど
社会的要求や政治的要求を満たす上での脅威の排除となると、
脅威の性質を理解する為のこれら知識は必要

もちろん全ての将校・将軍がこれらをすべて網羅しておく必要はないが、
組織として有用にその知識を取り出し、活用できるようでないと困るな
特に政治意思決定者の幕僚になる者は助言しなければならないのだし、
助言する為には組織の力を使って上記要素を分析できないと、助言のしようがない

45 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:09:52 ID:vtYP2y7/0
佐官クラスが軍事のスペシャリストである、ってこと自体は、別にいいんだろうけど、
将官クラスが専門バカじゃいけないし、ましてや、政治に口を出して国の方針を左右
してはいけない。
日本はそれをやったから、勝ち目のない(目的もない)戦争をはじめちゃったんだよ。

46 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:09:58 ID:d3T3AFDSO
>>38
野球選手が一般常識がなく野球の知識しかないとバカにされるのと同じだろ。

47 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:10:00 ID:aT4ESFvF0
>>33
最後に玉砕突撃しているのは
やっぱり苦しいから自殺したいという思いなのかな?

日本本土の軍司令部にとってみれば、最後の一兵まで洞窟の中に潜んで
夜中に抜け出して、米軍を苦しめてくれるほうが望ましい戦術だっただろう。
最後に突撃していくのって、現場の兵士や士官たちの「もう戦い続けるのは苦しい」
だから「最後の華々しく散ってやる」という表向きの理由だけど、本当は、いわば苦痛からの逃避だったんだろうな。

48 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:12:21 ID:esWSlxhk0

あいかわらず田母神を誹謗中傷する低脳工作員がわいているようだが

田母神は現代における世界の軍事の常識を語っているにすぎない。

田母神を悪く言ってる連中には一切具体性が無い

ただ意味も無くバカとかレベルが低いとかのレッテルを貼ってるだけ。

具体的に批判すればボロが出るからだ。

49 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:13:08 ID:t+f00ymdO
田母神さんの悪口を言ってる奴はブサヨ
田母神さんがクイズ番組で大活躍したの知らないんだろw


50 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:13:23 ID:3JonRXHHO
文面を見てダン池田を思い出した

51 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:14:02 ID:l4xirIXqO
>>42
外務省は今も昔も役立たず

52 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:15:24 ID:0aTdQKKfO
>>42
それをすると、なぜかウヨ、サヨ両方から批判が(w
ウヨ=自虐的だ!!
サヨ=軍国主義だ!!

幕末もそうだけど、どうも両方から嫌われる思想が救国者のようだ(w

53 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:15:30 ID:gl5hTXtn0
栗林も別に勝ったわけじゃないがな。
最後は玉砕攻撃してるし。
あまり過大評価すんな。

54 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:15:39 ID:LD33KEFO0
http://uploader.ifdef.jp/img78890.jpg

55 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:16:11 ID:EeGmgQAY0
クレマンソー
「戦争という国家の大事を軍人たちに任せておけるか」



56 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:16:41 ID:h3vnGxOVO
>>19
武田鉄矢の三枚卸でやってたね。硫黄島で少ない食料でも、下の兵隊にあげていたとか。

57 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:17:28 ID:N3lkaS3F0
・・・・ −・−−・ −・・ ・・−−・

58 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:18:32 ID:x3mQ8fq50
エロゲ知識以外ノ知識ノ著シク低級

59 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:18:44 ID:dTU0f2iWO
栗林中将は玉砕は意味がないとしていたよ。
正に、ねばってねばって一人でも多くの敵兵を倒すべしという戦法をとったので、
米軍にとって最悪の戦場になった。

60 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:18:51 ID:ZEmZJdxg0
この人こういう批判したから硫黄島に飛ばされたんだよね。
ほんと軍上層部にはお前が戦死すればよかったのにって奴がごろごろしてるわ。

61 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:19:14 ID:x+MGMig60
アニメ知識以外ノ知識ノ著シク低級

62 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:20:28 ID:esWSlxhk0
>>47
それは少し違うと思う。
最後の一人で戦っても戦果が得られない。

ある程度の人数がいるうちに集団で特攻をかけたほうが
確実な戦果が得られるからだよ。

それと特攻はムダ死にみたいなイメージがあるが
相手に与える心理的プレッシャーは相当なものがある。

イラクに派遣された米兵がよくノイローゼ状態になるのは
相手の自爆攻撃が恐ろしいからだ。

63 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:20:54 ID:uPBH6LU+0
日露戦争があまりに劇的な…それこそ一つの神話とも言えるような勝利だったが為に、
その後の日本軍の思考回路から合理性というものがすっぽり抜け落ちてしまった感は
否めないね。良くも悪くも国粋的な物で濃縮されていった感じ。

日露戦争の指導者層はそのほとんどが元士族で明治維新に携わってきた者達だったし、
欧米各国と自分たちの力の差をハッキリ認識していたし、その差を素直に受け止めていた。
実際に戊辰戦争・西南戦争・日清戦争と戦ってきた経験から、自分たちのできることと
できないことも理解できていた。戦争の現実がしっかり見えていたんだよ。

昭和の軍人はその現実がまったく見えていなかった。
官僚として純粋培養されて、世間や世界の常識、知識、技術…そういったものを無視、
あるいは嫌悪さえしてきた。そのツケが大東亜戦争の敗北だ。

64 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:21:16 ID:GwFQcQI80
東大より難しい陸士を出たエリートが自らへりくだって低級な知識しかない、って言うのを真に受ける
バカ朝鮮人。

65 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:21:49 ID:a6mQxRvR0
市丸利之助海軍中将の「ルーズベルトニ与フル書」も是非読んでくれ

66 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:21:50 ID:gt6jwujP0
>>1
戦争のあとわかったこと。

「一部を除いて、軍事知識も相当に遅れてた」

67 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:22:54 ID:syAjivra0
気持ち悪い新聞記者が業界の利益と主張を補強するために
おかしな記事を書いてきたようだな。

68 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:23:23 ID:aT4ESFvF0
>>62
まだ特攻なら意味があるとも思うけど
洞窟の中で集団自決とかしているのは
どういう思想なんだろ?
米軍にとってみれば、日本兵が勝手に死んでいってくれるのだから
これほど楽な敵はいないと思う。

69 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:23:28 ID:DIuRS01k0
五十六さんと同じで広い見識を持っていたのか

70 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:23:31 ID:zxLAEWQg0
>>53
まぁ、参謀本部が補給することは放棄してたし、現実的に補給の方策もゼロ、逆上陸かけることも不可能だったんだから、最後は全滅する以外になかったわけで

 島嶼戦てのは大陸での戦よりも、はるかに補給路、制海権、制空権の確保が重要

71 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:24:01 ID:TlW/nxXvO
>>58
わろた
評価してやる

72 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:24:07 ID:zOVTqj050
>>33
そうか? オレからしたら、どっちも日本軍なんで上も下も、マンベンなくキ○ガイ
だと思うな。ま、下のモンは投降さえすりゃ、生きてられたモンを、玉砕で死んで
しまったのも多いんで、気の毒だとは思うけどな。

それはそうと、靖国神社と護国神社は早く潰れろ。

73 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:24:53 ID:X7zDzsfp0
軍オタ脂肪

74 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:26:23 ID:/HU4ZAJ10

サヨク < 中国の軍人は兵卒にいたるまで偉大な人格者!
       もちろん精強無比で兵士としても優秀! 市民を虐殺なんてしません!

75 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:26:27 ID:HtmWRwol0
>>38
軍事支出の妥当性を判断するためには、
政府購入の増加によるクラウディングアウトを
考慮しなきゃいけないからマクロ経済学の知識が必要になるし、
支出の増減による社会厚生関数の増減を計測しなきゃいけないから
公共経済学の知識も必要だろ。

だから軍事オタクって、バカにされるんだよ(失笑

76 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:26:42 ID:GwFQcQI80
まあアメリカ本土に爆撃・上陸は逆立ちしても無理だったろうが、西太平洋を制圧して
講和に持ち込む能力は日本にはあったよ。
それができなかったのは軍令部や前線の指揮官が戦争をよくわかってなかったからだとは言える。

77 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:27:11 ID:Iqitg5yuO
>>66
これ大正時代でしょ?

78 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:27:14 ID:bAhxWkyo0
>>63
始めちゃうとなかなかやめられるもんじゃないよね
今の役所もそうだけど

79 名前:偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2009/05/19(火) 18:28:02 ID:OjgwJzBC0
>>1
>中国との和平工作に尽力した同窓の今井武夫少将の功績を

この今井武夫氏は、軍部で数少ないクリスチャンで「アーメン今村」と
呼ばれていたw

豆ね

80 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:29:01 ID:X0sQgXAjO
軍人は軍事だけの知識さえありゃいいんだよ。
国際情勢とかは政治家の考えること。
まあシビリアンコントロールのなかった時代の人間に言っても意味ないが。
政略軍略総力戦における情報力の必要だった当時の軍人には痛い言葉だが
どっかの馬鹿が自衛隊にも同じ理屈適用して工作しそうで恐いわ。
政治や外交に口挟み始めたら田母神みたいなのばっかりになってやばいだろ。

81 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:30:17 ID:ZzEGnH9M0
あ?だから何?
現在の中国共産党と仲良くしろって?
もし栗林忠道を讃美するなら東条英機も讃美しなくちゃオカシイな。

82 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:30:18 ID:Rz2xlQRrO
ネトウヨ脂肪

83 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:30:39 ID:x+MGMig60
>>38
おかしな作戦立ててみろ、予算超過で更迭だぞ!

84 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:30:43 ID:vtYP2y7/0
>>62
戦争中なんだから、敵軍の兵士なんて害虫ぐらいにしか思ってないよ。
「ジャップを殺せ、ジャップを殺せ、もっとジャップを殺せ!」だよ。

イラクの自爆テロが恐ろしいのは対処法がないからだ。近づくイラク人を
皆殺しにしていいなら、脅威でも何でもない。

85 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:31:48 ID:9rs8pdKDO
いつも変なタイミングで発掘されるよねwwww
電波飛ばすのは構わないが、既に国民は気づいてるからwwww
お前等の市民とか言う奴等は踊るんだろうな
馬鹿杉ワロタwwwww

86 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:31:59 ID:zxLAEWQg0
>>76
西太平洋を制圧されたところで、アメリカの生産力、経済力はまったく影響しないわけでw
で、当時世界最大の国力を持ってたアメリカ相手に、どこに講和仲介してもらうのよ
ソ連?中立条約を結んでいたんで、軍事的には中立を保ってたが、政治的には3国同盟のおかげで敵国だったし
講和仲介ってのは、戦争当事国よりも強大な軍事力と政治力を持ってる国にしかできないのが外交の基本

87 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:32:51 ID:RFXgwr2DO
>>68
極限状態になると戦い続けるより死にたいと思うらしい。
ようするに日本兵は根性無しって事だ。
勝ち目が無くても洞窟に一秒でも長く立てこもればそれだけ本土の命は救われたのに。
どの道兵隊は死ぬんだから(笑
あと自決するくらいなら敵に撃たれて死ねっての。そうしりゃ敵の弾の一発や二発消耗させる事ができるだろ。

88 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:33:50 ID:JFxUHZs90
軍事知識もなく2言目には「愛国!」と叫ぶバカ。
軍事知識しかない専門バカ。
軍事知識しかないのに別分野に口を出すバカ。

どれも有害。(苦笑

89 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:34:07 ID:ZzEGnH9M0
ちょっとまって

>論文の2次資料

2次??
2次ですか・・・

90 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:34:43 ID:bAhxWkyo0
>>87
敵に殺されるなら自決した方がいいという武士道?かなにかの影響では
戦国武将もそうやって自決したような

91 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:34:55 ID:eT5fXubL0
>>68
俺もそう思う。特攻の駄目な点はコストと効果のバランスが悪かったことだよね
特攻機で撃沈って戦果がたくさんあれば全体としては効率的な戦法だった
自決ってさらに意味が無いね。敵を倒す努力を放棄してるんだから・・・
自殺するくらいなら石でも投げて死んだほうがマシ


92 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:35:04 ID:5t341Cbl0
残念ながら、今のウヨクもそこから進歩してないようで

93 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:35:19 ID:pmap7LwT0
陸軍の機関紙に、この論文が載るくらいなんだから
そんな閉鎖的でも無かったんだなあ

94 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:37:29 ID:bAhxWkyo0
>>81
当時は国民党だけどね

95 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:37:32 ID:aT4ESFvF0
>>90
時代劇でも落城の際には、殿様や家臣はもとより、姫も自決しているもんな。
死に際を美しく、潔くという思想なんだろうけど
現代戦向きじゃないよな。

96 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:37:56 ID:9rs8pdKDO
はいはい 何か必死な赤い人が
つーか、バレてるからね。
市民団体に聞いてみようかな?
貴方の名前と職業を
どうやって生活してるんですか? とな

97 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:38:04 ID:4yIfTGWX0
個人の資質、知識でどうにもできない雰囲気みたいなものに
束縛されちゃうこともあるしね。
そういった雰囲気をはびこらせないように、トップが
捌かなきゃいけないんだけどね。


98 名前:偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2009/05/19(火) 18:38:41 ID:OjgwJzBC0
>>86
1945年初頭あたりにソ連に講和をしてもらうさぐりは入れてるよ
松岡がソ連との不可侵条約を結んだのに、三国同盟にも賛成とか
近衛は松岡を閣僚からはずしたいがために、一度内閣総辞職w
>>1はそういう日本の外交音痴も含めてだと思うにょ
栗林大将はアメリカ留学の経験もあるし

99 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:39:04 ID:UFIfejrq0
軍オタがそのまま軍人やってるようなもんか

100 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:40:32 ID:Qh8gUYl60
明治の指導層こそが昭和の悲劇を生んだことを勘違いしないように。
半島にロシアが進出したからって、日本の経済力ギリギリの戦争を仕掛けるなんてアホ。
当時、ロシアとイギリスが対立してたんだから、日本はそれを見てればよかった。
平成になっても反日国家があるのもすべて明治のボンクラ指導層の責任。

101 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:40:44 ID:NHnfSvW30
栗林は例外。田母神は当てはまる。

大戦中の職業軍人は腐っていた。
学徒出陣兵などの素人を前線に送り出して死なせ、自分たちは後ろに隠れて生き残った。
昭和20年8月15日、300万人の日本人を殺した職業軍人は全員割腹して死ぬべきだった。
陸軍特攻隊を作った菅原中将は、「絶対に後に続くから」と約束して学徒兵を送り出し、自分は96歳で天寿を全うした。
赤紙で召集され、インパール、ガダルカナル、ニューギニアでマラリアを病み、雨と飢えと糞便にまみれて死んだ日本兵。
彼らの鎮魂を祈ろう。彼らは職業軍人の無知と無能と卑怯の犠牲になった人々だ。
部下に懸賞応募を勧めて、コネのある自分が300万円もらった田母神は、戦前の職業軍人の血脈を引いている。
田母神をつけあがらせるな。


102 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:40:50 ID:RFXgwr2DO
栗林に逆らった馬鹿たれが玉砕自殺したせいで本土の死者は一万は増えただろ。
遅かれ早かれ全員死ぬし、食べ物も飲み物も無かったから自殺したい気持ちはわかるが、
玉砕なんてせず本土の為に洞窟で粘って欲しかった。

103 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:41:04 ID:1hvnDROd0
>>42
大本営に訣別電報打電後に大将に昇進。

104 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:41:15 ID:iYcqiEWR0
>>91
自決するくらい異常な抵抗を示す軍隊と民間人がいるという事が
米軍が被害を恐れて本土上陸作戦に慎重になった理由でもあり
原爆投下という無差別攻撃の原因にもなった

105 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:41:21 ID:iYjTBNdG0
戦争にはいくつかの結果がありうる。
そのどれにも最善の対策を立てていなければならない。
例えば韓国や北朝鮮と戦争になれば勝てるが味方の犠牲者もある。
だから経済封鎖と在日の強制退去で相手を破滅させるのが最善になる。
中国とは最後に核攻撃がある。しかし、核を持っていれば抑止できる。
だから中国全土を破壊するだけの核ミサイルを持つ必要がある。

106 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:41:33 ID:OW3gbA9fO
つまり天皇陛下に反抗する売国奴か
非国民は死ねばいいよ

107 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:41:35 ID:KoNndtW9O
読売は軍人は専門分野に特化すべきとかなんとか批判してたな。

108 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:42:07 ID:aT4ESFvF0
欧米の軍隊では士官は、貴族階級出身者が多かったから
文化教養がすでに身についていたんだろうな。
日本の場合は兵を心服させるために努力して身に付けろと。
そうしなければ、兵の中には和歌や俳句に親しんでいるものもいるだろうし、
軍事以外の教養が皆無の士官をバカにすることもあったんだろう。

109 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:42:24 ID:E4a6eyAl0
っていうか今の日本の敵は軍国主義でなくて、

無責任左翼主義だから

110 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:43:08 ID:GwFQcQI80
それよりこの「偕行社記事」って雑誌は民間企業がマイクロフィルムサービスしてんだけどwwww
http://homepage3.nifty.com/nada/page048.html

「発見」ってなんなのよwwwwwwwwwwwwww

中日新聞だしなんか恣意的すぎるわwwwwwwwwwwww

111 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:43:14 ID:IThSamSR0
なぜあえてこのタイミングで?・・・

112 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:43:18 ID:eT5fXubL0
>>104
ドイツにも無差別爆撃してるやん(´・ω・`)

113 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:44:08 ID:Tw7/aU2n0
敵に殺されるのは屈辱にしか過ぎない。

なら自決するなり、特攻するのが一番美しいんだ。

そんな事も解らんのか?


114 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:44:27 ID:bAhxWkyo0
>>107
オレもそう思う。軍人は軍人バカで良いと思う
ただ軍部の重鎮が利権を維持するために226事件とかクーデター起こして
マルチな知識が必要な政治の世界に入り込んだことが大戦の敗因なわけでしょ

115 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:44:43 ID:5XuLlZ3E0
日本軍伝統の「型」にまんまと嵌った結果だからね。
もう少し軍部が柔軟で陸海に人事交流があれば泥沼には嵌らなかったかも知れません。

116 名前:103:2009/05/19(火) 18:45:09 ID:1hvnDROd0
訂正
>>42じゃなく>>41 すみません。

117 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:45:20 ID:egGJNzT50
>>68
洞窟の入り口を押さえられて火炎放射器で中を熱し続けるんだ
そうすると中は蒸し風呂状態で生き地獄となる

118 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:45:50 ID:zxLAEWQg0
>>98
3国同盟で政治的に対立関係にあるのに、講和仲介してもらえると思ってるのがどうかしてるわけでw

そもそもは対中戦で一度は蒋介石が日本の要求を丸のみして休戦に向かうはずだったのに、丸のみしたのを良いことに、それまでの交渉過程を全部なきものにして、突然日本側が要求のつり上げを行うという外交の基本をまったく顧みない暴挙にでたことが対米開戦につながる

119 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:46:15 ID:iYcqiEWR0
>>112
ドイツはマジで無差別攻撃して戦略的に産業を壊滅させないと
V1やV2を飛ばしてイギリス本土が被害を受けたりUボートで商船が撃沈されるから
対日戦争とは事情が違う

120 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:46:15 ID:syAjivra0
日本はトップが馬鹿。無責任。これに尽きるだろ。
良識派ぶってるが、山本五十六だって開戦のときは逃げたからね。
どれほどリベラルで開明的だろうが、ガッツがなきゃあ
そんなこたぁ何の免罪符にもなりゃあしねえんだよ。

121 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:46:34 ID:EeGmgQAY0
>>89
>論文の2次資料

読み飛ばしてたが、『偕行社記事』の掲載号とか
原稿とかじゃなくて、そこからの転載を見付けた
という意味なんだろうな。
『偕行社記事』は、マイクロフィルム版がいくつかの研究機関にある
(NACSIS で検索すればよろし)。



122 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:47:03 ID:QSmFELOA0
>>7
確か今は図体は自衛隊の借りてるけど権限は海保レベルだっけ。

123 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:47:05 ID:6C03hCJm0
>>104
そりゃあ、幕末の時にサムライってのが居るってのが
イギリスの新聞で騒がれたりしたから、
植民地にされずに済んだって、レベルの話じゃないか

124 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:48:13 ID:17iDeMkp0
>>38

こういうバカを批判したと言うことだな。

125 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:48:38 ID:Tw7/aU2n0
家族のため、妻のため、日本のために死んで行ったんだ。

死ぬことくらいしか、表現する余裕が無いくらいの不利な戦争だった。

そんな不利な戦争でも、戦うしか選択肢がないんだ。


126 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:49:48 ID:FgA/SHgC0
どんなに陸海軍が連携しようが大本営が賢かろうが、アメリカに勝てる訳が無い。
今も昔も。


127 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:50:00 ID:GwFQcQI80
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9E%97%E5%BF%A0%E9%81%93
栗林忠道は1891年生まれで、この論文を書いた1919年当時は28歳の中尉。
青年将校時代に教養の重要性を仲間に説いたにすぎない。

むしろ旧陸軍将校の心がけと見識の高さを示すことだろうこれは。

実際、栗林はその後駐在武官として北米に派遣され、ハーバード大学でも学ぶなど
その認識を実戦している。

128 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:50:13 ID:0Lr1/hg20
牟田口と辻が、あの世からひと言
    ↓     ↓

129 名前:偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2009/05/19(火) 18:50:16 ID:OjgwJzBC0
>>118
>蒋介石が日本の要求を丸のみして休戦に向かうはずだったのに
 ↑
なにこれ
盧溝橋のヤツか?それとも汪兆銘のことか?
協定に関しては圧倒的にシナ側の反故のほうが多いじゃん



130 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:50:45 ID:D2rS9cZn0
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1240288378/l50
「携帯(反日勢力への)天誅小説をランキング1位に!!」
・・・・このスレッドで、ネット右翼の1がケンタッキーフライドチキン
店舗社員であると暴露される。(mixi経由か)
「創価学会、在日韓国人はじめアジア平和勢力を侮辱する活動は許されない!」
と市民たちがKFC本部等に問い合わせを呼びかけ中

↑↑↑↑
福岡の転落事故に巻き込まれた今林被告を、このスレッドの1は自作携帯小説中でバーチャル処刑
しています!許せません。
まして世界企業のケンタッキーフライドチキンで・・・FCかも知れませんがこんな社員を
抱えていることに関してどう思うか、やんわり問い合わせてみるべきかと!市民の皆さんは!
先方のご迷惑にはならないように・・・・



131 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:51:03 ID:RFXgwr2DO
特攻でも海軍の特攻は理にかなっている。
通常攻撃で損失率90%、命中率5%なら、特攻の損失率100%命中率50%に切り替えた方がよい。
結果としてパイロットの消耗を防ぐ事ができ、冷徹な計算以外の何物でもない。
だから海軍上層部の判断は理解できる。でも実際に特攻やっちゃったパイロットは馬鹿だね。
国家と自分はギブアンドテイクだから国の為に戦場に行くまでは分かるか、自分が死んだら意味無いべ。

132 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:51:33 ID:iYcqiEWR0
>>117
>洞窟の入り口を押さえられて火炎放射器で中を熱し続けるんだ
>そうすると中は蒸し風呂状態で生き地獄となる

正確には洞窟の穴からホースでガソリンを注ぎ込み最後に黄燐手榴弾を投げ込んだのな
生き地獄には違いはないけど

133 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:51:34 ID:ZHeO/OMe0
>>102
言うだけなら楽だな。

134 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:51:57 ID:esWSlxhk0
>>68
自決するのは情報が漏れるのを防ぐためだよ。

現在でも北朝鮮の工作員やフランス外人部隊、アメリカ空軍のパイロットは

自殺用の毒薬を携帯してるよ。

>>84
>近づくイラク人を
>皆殺しにしていいなら、脅威でも何でもない。

おまえアホか?(笑)

>>87
日本兵は根性なし?
オマエゆとり?それともチョン?

生き残った主人公がたった一人で敵の本拠地を全滅させる
なんてのはハリウッド映画の中だけのこと。


135 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:52:25 ID:oqOOAgQRO
わぁ小タモガミが恥ずかしげもなくどっと涌いてますね。

136 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:52:48 ID:4O0wqNO8O

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ 欧州戦で英国を制圧できなかったのは残念!
   \ <!>+\
  ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ ∠ ̄∬ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク 向こうから参戦したんだけどね♪




137 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:52:50 ID:84EzVklJ0
>>46
おっと長嶋茂雄の悪口はそこまでだ

138 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:53:02 ID:wMcZF7m/0
石原莞爾は
哲学 歴史学 社会科学 物理 化学 などを
ドイツ語の原書で読んでいたそうだが
軍事関係の本あまり読んでいなかったそうだ
軍事関係の海外の雑誌は読んでいたそうだが

139 名前:金多久:2009/05/19(火) 18:54:55 ID:fAga2fpQ0
長嶋か?最近は親子で二人羽織やってるな。

140 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:54:56 ID:ZzEGnH9M0
>>121
この勉強会を開いている長野高校OBの会は
まず、この2次資料の信憑性を勉強会の主題とし明らかにすべきだよな

141 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:55:12 ID:/glcTDID0
>>13
第一次大戦の観戦武官は戦争の質が変わったことを理解して報告したが、それを大本営がシカトしたんだっけ。

142 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:55:31 ID:i+CukRiH0
>>34
そもそも政治システムも
議会制民主主義だけど
議会制民主主義としてうまく機能してない
近代国家として未成熟かつ異様だもん

143 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:55:50 ID:RFXgwr2DO
>>117
ロシア兵なら我慢して最後まで戦い続ける。
日本兵は根性無し。

144 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:56:15 ID:vIRJEYVkO
旧軍は自らの組織を批判する人間を重用する
懐の深い組織であることはわかった


145 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:57:45 ID:R69dTOKO0
>>143

いや、ロシア兵の場合は一番後ろに督戦隊というのがいてですね、逃げたりしてると
構わず撃ち殺すわけでして・・・・

146 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:58:02 ID:ZzEGnH9M0
>>143
いつの戦争の話をしてるのか


147 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 18:58:53 ID:GwFQcQI80
まあ陸士とか陸大のカリキュラムが軍事学や理工学、参謀学に偏っていたということは
あっただろうな。防衛大学校においてもしばらくの間は理工学専攻しかなかったから、
政治、外交、国際法などに疎いという話にはなっただろう。

148 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 19:00:12 ID:n2zhhGsS0
東京の住環境は最高です。

有名大学に入るとレイプサークルに陵辱され
東京女子医大では医者に睡眠薬打たれレイプされ
地下鉄に乗ろうとすると駅で駅員にレイプされそうになり
女児は「唾くれおじさん」に追いかけ回され
女児がスーパーのトイレに入ったら個室に男がよじ登ってきて暴行され
そして、渋谷を歩いてる十代の17人に1人が性病経験者。

世田谷の住宅街では主婦ら2万人が覚せい剤を買おうと行列
新宿歌舞伎町では放火で44人が殺され
銀座を歩いてたら拉致られ強姦され隣県に捨てられ
八王子の駅ビルでは包丁振り回す男に切りつけられ
戸越銀座では包丁振り回す高校生に切りつけられ
松濤のスパは突然大爆発して女性従業員が木っ端微塵にされ
キッザニア東京に幼い娘を連れて行くとロリコン従業員にレイプされ
池袋サンシャインシティでも女性が次々とレイプされ
じゃあ六本木なら安心かと、ヒルズに行くと子供が回転扉に押し潰され
やっぱお台場が無難だろと、ジョイポリス行くと転落死させられて
銀座の寿司割烹で食事でも、と思ったら産地偽装ウナギを食わされ
叙々苑で焼肉でも、と思ったら7割以上が雑種の肉を「極上黒毛和牛」と嘘つかれ
ミシュランガイド東京に載ってる店なら大丈夫だろと、東京ヒルトンホテル行くと
産地偽装のステーキ肉を食わされ、偽装の無農薬野菜食わされる。

せめて東京の伝統行事でもと、三社祭いくと、そこはヤクザの大展覧会だし
タクシー乗ったら運転手が「乗り逃げ対策です」とか言って催涙ガス装備してるし
電車乗ったら痴漢に遭うし、目が合っただけで殴り殺されてる人がいるし
いつのまにか財布はスリに盗られてるし
振り込め詐欺の犯人が街中にうろついてるし
税金で作った新銀行には非難囂々、今日もどこかでバラバラ殺人
身元不明遺体が年間300体以上・・・

149 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 19:00:28 ID:iYcqiEWR0
>>144
さすが懐が深い旧軍だけあって
栗林中将を最前線の孤島に送り込んだのですね
補給もなしで

150 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 19:01:58 ID:m2Q9jFXiO
旧日本軍って海軍兵器はまずまずなのに陸軍兵器のお粗末なこと。島国だから仕方なかったのかな?
陸戦なら逆立ちしたって米ソに歯がたたんよな。

151 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 19:02:10 ID:zxLAEWQg0
>>129
成立した協定を反故にするのと、相手が飲みそうだからと要求をつり上げることはまったく違う

152 名前:偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2009/05/19(火) 19:03:14 ID:OjgwJzBC0
>>151
だからさ、いつのなんて言う協定を指してんのよw

153 名前:名無しさん@九周年:2009/05/19(火) 19:05:32 ID:4O0wqNO8O
1940年頃の各国の戦車なんか、
九七式とどっこいどっこい♪

以後の進歩に乗り遅れただけのことだね。




戻る ニュース速報+に戻る 全部 最新50
DAT2HTML 0.35ep Converted.
inserted by FC2 system